清水建設、今期予想は未定 受注環境は急激に悪化せず

ソース画像

一方、資金面では、新型コロナの影響で工事に関する入金の遅れは発生しないものの、CPで資金調達するなど手許資金を厚めにするように努めている。

READ MORE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です