日本精密は第三者割当増資による資金調達が材料視されてストップ高

ソース画像

調達資金の使途は、ベトナム工場における労務費支払いや運転資金。既存株主にとっては、6月2日現在の発行済株式総数を基準に12.8%の希薄化が発生すると …

READ MORE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です