コロナ禍の危機対応「事業者の資金繰り最優先」 申込件数は約4万件 商工中金・関根社長

ソース画像

当面、向こう6カ月程度の資金手当てを行った企業であっても、今後の経済活動の回復状況によって … 資金繰りがついたからといって安心してしまうと、第2、第3波があった際、さらなる資金調達で、局面はより厳しいものになる。

READ MORE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です